スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


認知症の女性に7000万円分販売=そごう社員が貴金属など−広島・呉(時事通信)

 大手百貨店「そごう・西武」のそごう呉店(広島県呉市)で、外商を担当していた50代の男性社員が、認知症の疑いがある同県在住の女性(87)に、約7000万円分の貴金属などを売っていたことが29日までに、関係者への取材で分かった。女性側は、成年後見人を通じて代金の返還を求めるという。
 女性側関係者によると、女性は1人暮らしで、2008年と09年の2年間で約7000万円の貴金属や絵画などを同店から購入。ほとんどがクレジットカード払いで、口座残高がなくなると、男性社員に付き添われて銀行に行き、別の口座から金を移したこともあったという。
 関係者によると、女性は今年1月に認知症と診断され入院。08年ごろには既に症状が出ていた可能性が高いという。
 昨年12月、呉市の消費生活センターに市内の銀行から「本人が分からないような取引があり、不審ではないか」との通報があった。同センターから連絡を受けた市の介護保険課が親族に相談し、発覚した。
 そごう呉店は「男性社員は女性が認知症の疑いがあるという認識はなかった」としているが、「結果的にこういう事態になってしまったことは重大」として、内部調査した上で何らかの処分を検討するという。 

【関連ニュース】
【動画】中国アートフェア杭州
助け合い、静かな日々=たばこや散歩楽しみ、クリスマス会も
グループホーム火災、7人死亡=「ストーブから火」
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ
北野武監督に仏芸術文化勲章=11日から絵画展も

<シエスパ爆発>大成やユニマットの2人を起訴 東京地検(毎日新聞)
放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて−環境省(時事通信)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
電車内で「目があった」と児童数回殴る 47歳の男逮捕(産経新聞)
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)

小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日午後、国会内で副幹事長解任が決まっていた生方幸夫衆院議員と会談し、「続けてくれないか。もう一度補佐してほしい」と述べ、続投を求めた。生方氏はこれに応じた。

  [フォト]小沢幹事長との会談のため幹事長室に入る生方幸夫副幹事長

 民主党は同日の役員会と常任幹事会で解任を正式に決定することにしていたが、党内外から「言論封殺」と批判が高まったため急きょ、方針を撤回した。

 生方氏は、17日付の産経新聞のインタビューで小沢一郎幹事長の党運営について「中央集権的だ。権限と財源をどなたか1人が握っている」などと批判。

 これを理由に高嶋良充筆頭副幹事長が生方氏に辞表を提出するよう求めると同時に解任の方針を決定。小沢氏もこれを了承し、すでに後任として辻恵衆院議員の就任も内定していた。

【関連記事】
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も
全体的にダメージ−細野氏 生方氏の解任問題
テレビにバッチリ映った!小沢“親衛隊”言論封殺現場
生方氏解任で賛否応酬続く 執行部からは「反省」も

戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)
中田氏、“邦夫の乱”に冷ややか視線(産経新聞)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で−岐阜地裁支部(時事通信)

北教組起訴 規律・順法意識欠如の結果(産経新聞)

 民主党の小林千代美議員(41)陣営に不正に資金提供したとして、幹部が政治資金規正法違反の罪で起訴された北海道教職員組合。特徴的なのは、不正資金1600万円の原資が、北教組にプールされた「主任手当」から捻出(ねんしゅつ)されたとみられる点だ。

 「主任手当」は、学年主任や教科主任、生徒指導などの主任教諭に支給される。公立学校の円滑な運営や教員の給与改善のために充てられるはずの金だ。つまり、この税金が北教組の選挙費用に充てられたことになる。

 このようなプール金を持つ教組は北教組だけではないとされる。全国にいくつあり、どんなルールで、いかなる使途に充てられたのか。北教組幹部が起訴された以上、今夏の参院選を控え、日教組側に説明責任が求められるのは当然といえる。

 今回の事件について、長年、北教組に携わってきた教育関係者には「起こるべきして起こった。たまたま、ではない」という見方が強い。北教組と選挙とのかかわりは、政治資金に限った話ではないからだ。選挙運動では、勤務時間中に教員を選挙事務所にかり出し、ビラを配らせる。これらの行為が放置されているようでは、不正の土壌はなくならない。

 今、北海道の学校には卒業式の国旗・国歌の指導徹底を求める道教委通知と、北教組の文書が相前後して届く。通知は道教委から教育局を経て市町村教委、学校へと流れるが、組合は学校に対し、従わないよう文書を送り、教委には撤回を求めるのだ。

 一連の取り組みをめぐる組合文書にこんな記述があった。

 「(市町村教委の)教育長に対して通知を学校におろさないように申し入れしましたが、『局(教育局=道教委の出先機関)からの通知は学校におろさざるを得ない』として撤回しなかったから近日中に各学校にも通知されます」

 道教委の通知を「学校におろさないよう」市町村教委に申し入れる北教組の行為が問題なのはもちろんだが、決然と対処できず、「おろさざるを得ない」と断りを入れて通知を流す教育長の対応もおかしい。

 規律や順法意識の欠如の結果が今回の事件につながった。幹部が法の裁きを受けることになった北教組。混乱のしわ寄せが子供たちに至ることだけは避けねばならない。(安藤慶太)

【関連記事】
北教組起訴 黙秘続ける長田、木村両被告 裁判でも徹底抗戦か
小林議員会見の一問一答 「ご支援には心から感謝」
「刑事処分は当然」日教組内で厳しい見方
北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず
北教組幹部ら2人起訴 小林氏陣営へ不正資金
20年後、日本はありますか?

阿久根市長、県立高の生徒処分に異議唱え介入(読売新聞)
<誤認逮捕>器物損壊容疑で別の男性を 鳥取県警が陳謝(毎日新聞)
酒飲みタクシーに追突、米兵逮捕…沖縄(読売新聞)
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で首相ら献花へ−東京(時事通信)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)

<郵便事業会社>郵便の不正転送防げ 「AKB48」被害受け、確認書送りチェック(毎日新聞)

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーの転居届がファンに勝手に出され、郵便物が不正転送された問題を受け、日本郵政グループの郵便事業会社は16日、転居届の真偽を確かめる「確認書」を送る制度を4月1日から導入することを決めた。

 転居に伴う郵便物転送は、転居届を郵便局などに持参するか郵送、インターネットで送る。ただ、「AKB48」のケースは、ファンが代理人になりすました。また、郵送ははがきのため、本人確認ができず、転居届が悪用される恐れがあった。

 確認書は、転居届に記載された転居前の住所に送られ、身に覚えのない場合は郵便事業会社に連絡してもらう。確認書の到着から3日以内に連絡がない場合、新住所への郵便物転送を始める。本人が転居届を提出した窓口で運転免許証や健康保険証などを提示すれば確認書は送付しない。

 郵便事業会社は、転居届が提出されると、郵便配達員が訪問して転居を確認してきた。しかし、留守がちな家庭やオートロックのマンションが増え、確認が難しくなっていた。【中井正裕】

興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)
豚舎2棟が全焼、550匹焼け死ぬ…福島(読売新聞)
介護中の妻の首絞め殺害、容疑の72歳夫逮捕(読売新聞)
<雑記帳>メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)

密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)

 岡田克也外相は19日午後の記者会見で、核持ち込みなど日米の「密約」に関する文書が外務省内で廃棄された可能性が指摘されていることに関し、同省として調査する意向を表明した。同日の衆院外務委員会で参考人として証言した東郷和彦元外務省条約局長が、省内での文書破棄の可能性について言及したことを受けた措置。外相は、同省OBを含む関係者からの聞き取りも行う考えを示唆した。 

<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
盗撮で罰金の警視、停職6カ月=退職金は支給−北海道警(時事通信)
<脱税>3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局(毎日新聞)
早大生作家・朝井リョウさん『桐島、部活やめるってよ』(産経新聞)
放射線障害防止法にクリアランス制度−文科省が改正案(医療介護CBニュース)

首相、政治の信頼回復後に消費税論議 増税なら社会保障目的税 参院予算委で(産経新聞)

 参院予算委員会は12日午前、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席し「経済・財政」に関する集中審議を行った。首相は消費税について「国民の政治に対する信頼を回復した後に議論する」と述べた。その上で税率を引き上げる場合は社会保障目的税にすることを明言した。

 法人税率については「世界と比べて高いのは事実として認めるべきだ。課税ベースを広げる中で減税の方向に導いていくのが筋だ」と述べ、引き下げに前向きな考えを示した。

 このほか、外務省の有識者委員会が核の持ち込みに関する日米間の「密約」を認めたことについて「日米関係で障害があってはならないし、そのことは大丈夫だ。外交交渉を通じて日米間の信頼をさらに深化させることが望まれる」と述べ、日米関係が悪化することはないとの認識を示した。

 同時に「新政権なればこそできた。こういうことを明らかにする勇気を新政権が持ち合わせていると胸を張って言える」と述べ、成果を強調した。

【関連記事】
5月に新年金制度の基本原則 “逃げ”? 具体設計は参院選後へ
マクロ視点で公約見直せ 財務相の消費税発言は本気か
法人税率、引き下げ議論加速 次期衆院選の争点に
「法人税引き下げを」仙谷国家戦略相
政府税調が初会合 消費税や所得税が焦点に 5月に論点整理
20年後、日本はありますか?

海保、警視庁が“厳戒態勢” シー・シェパード逮捕 (産経新聞)
大手町駅でテロ想定訓練、サリン事件15年(読売新聞)
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針(医療介護CBニュース)
<不正アクセス容疑>芸能人445人分のID“公開” 逮捕(毎日新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ−消費者庁(時事通信)

「順序が逆」民主に抗議へ=子ども手当修正協議で社・国(時事通信)

 社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長は12日午後、国会内で会談し、子ども手当法案の修正をめぐり公明党と協議した民主党から事前に十分な説明がなかったのは問題として、同党に抗議することを決めた。重野氏は「連立を組んでいる政党と先に議論し、合意を得てから他党に働き掛けるのが順序だ」と、民主党の対応を批判した。 

【関連ニュース】
民・公、際立つ接近=他の与党は警戒
国内案に地方組織反発=普天間移設
朝鮮学校除外に反対で一致=社民、国民新
普天間、月内に政府案=シュワブ陸上部軸に調整
シュワブ陸上案同意せず=社民幹事長

民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?(産経新聞)
元女優の畠田理恵さんが乗用車で事故(産経新聞)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
他党候補を推薦せず=参院選、自民との協力見直し−山口公明代表(時事通信)
高校無償化対象、文科相が判断=首相「国民が納得する結論を」(時事通信)

農水副大臣が訪韓=クロマグロ問題(時事通信)

 農林水産省は12日、山田正彦副大臣が14日から2日間の日程で韓国・ソウルを訪問すると発表した。カタールで13日開幕するワシントン条約締約国会議で大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止案の採択を阻止するため、日本と同じく禁止反対の立場の韓国政府との連携・協力を確認する。太平洋産の漁獲規制についても意見交換する予定。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で
クロマグロ取引継続に全力=禁輸現実味で水産庁

飛行中の操縦室で機長ら「ピース!」…写真公表(読売新聞)
「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談(時事通信)
児童ポルノDVD販売で生活費稼ぐ 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
<啓蟄>大型の珍チョウ「オオゴマダラ」羽化 伊丹市昆虫館(毎日新聞)
皇太子さま、アフリカへ出発(時事通信)

東京大空襲 墨田区役所に「平和のオブジェ」(毎日新聞)

 1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲から65年を迎えるのを前に8日、東京都の墨田区役所1階に折り鶴で描かれた「平和のオブジェ」が登場した。

【写真特集】当時の貴重な写真でみる空襲被害のすさまじさ

 今年のテーマは「平和と自然を守る鐘」で、白いハトが平和の鐘を鳴らしながら世界へ羽ばたいていく様子をデザインした。

 同区は大空襲で甚大な被害を受けた地域で、92年から毎年平和祈念として壁画を展示している。壁画は高さ約13メートル、幅約7.5メートル。先月22日からボランティアらが区内外から集まった約13万羽の折り鶴を使い制作した。

 10日正午からは完成披露式とともに平和祈念コンサートが開かれる。【内藤絵美】

【関連ニュース】
【昭和毎日】当時の紙面も 東京大空襲
【アナクロですが】当時の文化人は東京大空襲をどうみたか イチョウの記憶
子どもは見ていた:東京大空襲65年/上 孤児になって
今、平和を語る:「ガラスのうさぎ」の作者、高木敏子さん

吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」(産経新聞)
大麻密輸犯が「逮捕まで」を ブログ・ツイッターで「実況」(J-CASTニュース)
駅ホーム転落の男性、俳優・池田努さんらが救出(読売新聞)
証言拒否でやむなく…4検事4役「熱演」3時間(読売新聞)
阿久根市長「お前たちとは話をしない」委員会退席(読売新聞)

水木さん生家も妖怪観光の名物に…案内標柱設置(読売新聞)

 鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさん(87)の生家があった同市入船町の県道沿いに2日、「水木しげるが幼少を過ごした地」の案内標柱(高さ1メートル、幅20センチ)が設置された。

 観光客から「生家の目印がほしい」との声が多く寄せられ、市が「妖怪観光の素材の一つに」と造った。

 六角形の灰色の自然石に文字を刻み、水木さんの姿を漫画風にデザインしたブロンズのレリーフを取り付けた。費用は約20万円で、水木プロダクションからの寄付金を市が積み立てている「水木しげる基金」で賄った。

 現地は、水木しげる記念館の東約800メートルの境水道の近くで、市観光協会の「境港妖怪ウオーク」のコースにも入っている。水木さんの妻・布枝さん(78)が主人公のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放送も29日から始まり、市貿易観光課の担当者は「新しい名物になってほしい」と期待している。

鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
日本アイ・ビー・エム、証券監視委が強制調査(読売新聞)
流しびな 園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)
公明と選挙協力「ない」=小沢氏(時事通信)
<大雪予想>北海道・東部で50センチ(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
情報起業
即日現金化
副業
selected entries
archives
recent comment
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    カナ (08/27)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    志波康之 (01/15)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    カドルト (01/09)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    オリンキー (01/02)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    タンやオ (12/27)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    リョータ (12/23)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    晶太郎 (12/18)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    パイン (12/10)
  • 女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
    夜沢課長 (12/06)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM